ハリネズミ&レオパと暮らす

ハリネズミ・ヒョウモントカゲモドキ・アクアリウム始めました

サテライト導入


そのうち必要になるかなぁと思っていたサテライト(隔離ボックス)。突然ママエビを迎える事になり、急遽用意する運びとなりましたので、紹介したいと思います。

某通販店でスドーのサテライトスリムS、エアーチューブ、ポンプは水作SSPP–3Sを購入しました。7Sと迷いましたが、3Sは強弱の調節が可能とのことで、現在避難所となっている室内ビオトープの濾過器も分岐して同時に動かすにはこちらの方が良いと考えました。今後も使えるでしょうし、決して高い買い物ではなかったと思います。

そして、流石は某通販店!翌日届きました。急ぎの時はとても重宝しますね。

サテライトスリムSはこちら。

出典:チャーム

エアレーションポンプで水槽内の水を吸い上げ、その分ボックス内の水が排出される仕組みです。

このサテライトスリムシリーズは、オプションパーツのグレードアップセット2という部品が付いています。このオプションパーツは稚魚稚エビが隔離ボックスから流れ出ないようにする排水口の細目網です。
これがないと水槽内に流出してしまいます。

更に、流量をコントロールするオプションパーツがグレードアップセットというもの。こちらは別売りです。

このサテライトは水を吸い上げる音が大きくて気になるとの商品レビューが多かったので、これも購入しました。
流量調節機能は、強さを設定出来るポンプや分岐コックがあれば調節可能なので、音が気にならないのであれば不要かと思います。

これらを組み立てて、水槽が立ち上がるまでの避難所となっている室内簡易ビオトープの縁にかけます。
普通の水槽ではないので縁が特殊で斜めになってしまうので、飼い主2号の外部フィルターの余りの部品を使ってサテライトを真っ直ぐに設定しました。

こんな感じです。

横から。

サテライトスリムSは2部屋に仕切れるので、半分はママエビ用にソイルをひいて自家製ウィローモスマットを投入し、もう半分はベアタンクでメダカの卵を入れました。
両方孵化して、メダカの稚魚がある程度の大きさになったら、仕切りを外して混泳させようと思います。

ちなみに、水を吸い上げる音は、オプションパーツを付けていてもそこそこ大きいです。あと、サテライトから水槽へ水が落ちる音もそれなりです。
私は涼を感じる音として気にしないことにしていますが、気になる方は気になって仕方がないでしょうねf^_^; 寝室に置いてある水槽にはおすすめ出来ないです。


にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村