ハリネズミ&レオパと暮らす

ハリネズミ・ヒョウモントカゲモドキ・アクアリウム始めました

アクアリウムを始めよう〜悲しい別れ

メダカアクアリウムに関する前回までの記事はこちら↓

アクアリウムを始めよう〜水槽を選ぶ - ハリネズミ&レオパと暮らす

アクアリウムを始めよう〜レイアウト - ハリネズミ&レオパと暮らす

アクアリウムを始めよう〜プレ生体投入 - ハリネズミ&レオパと暮らす

アクアリウムを始めよう〜生体投入 - ハリネズミ&レオパと暮らす


一気に賑やかになった水槽。

しかし、数時間後にミナミヌマエビのメスが亡くなってしまいました。
届いた時は1番元気に動いていて、直前まで水草をツマツマしていたのに急変してしまいました。そして、しばらくその亡骸に寄り添っていたペアのオスも次の日に亡くなりました。

エビは水質に敏感との事なので、うちの水槽がダメだったのかなぁと落ち込みましたが、もう1匹のレッドミナミヌマエビは元気で、脱皮もしてくれています。


小柄で大人しいけど元気なレッド君。


そして、ヒョロヒョロだった白メダカの「しらす」。
お迎えして9日で亡くなりました。

最初は、餌を口に入れて出してしまっていても餌を求める仕草は見られていました。でも、段々と餌に興味を示さなくなり、左右に揺れる泳ぎ方をするようになって1日後に亡くなってしまいました。最後はとても苦しんでいて、もっと何かしてあげられたのでは?と思いました。
調べたところ、やせ細り病の症状と全く同じでした。原因不明の病気だそうで、治すのはかなり難しいみたいです。ごく初期なら治せることもあるようですが、初心者の私ではどちらにしても力不足だったと思います。それでも、何かしてあげたかったです。それが、人間のエゴでも。

最初に来たしらすはやはり私にとって特別な存在でした。
山もみじの盆栽の鉢植えに埋めました。寂しくないよう、ミナミヌマエビ夫婦と共に。

しらす、向こうではお腹いっぱいごはん食べるんだよ。


訃報ばかりですが、更に1匹だけいるダイヤモンドダストメダカも亡くなりました。

水面近くに陣取って餌を待ち、他のメダカを攻撃する子でした。と言っても、しつこく追い回したりするわけでもなく、近くに来たら追い払う程度でした。

しかし、3匹いる紅白ラメ幹之メダカのうちの1匹のオスとおそらく喧嘩したようで、尾ひれ近くを怪我して気付いた時にはもう水カビ病にかかっていました。
それを見つけたのが仕事のある日の朝だったためそのままになってしまい、お昼過ぎにメチレンブルーを買って帰った時にはかなり悪化していました。
それでも、エラを含む顔まわりは大丈夫だったので、薬浴+塩水浴を試みました。
1日頑張ってくれましたが、やはりダメでした。
朝のうちに薬浴出来ていれば助けられたかもしれません。

メダカもエビも、小さい分変化に気付きにくく、症状の進行も早くて、早期発見早期治療の大切さが身に染みました。

まだ10匹のメダカたちがいるので、この子たちはしっかり育てます。


にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村