ハリネズミ&レオパと暮らす

ハリネズミ・ヒョウモントカゲモドキ・アクアリウム始めました

アクアリウムを始めよう〜プレ生体投入

とりあえず見た目はそれらしい水槽が出来上がりました。


↓前々回の記事
アクアリウムを始めよう〜水槽を選ぶ - ハリネズミ&レオパと暮らす

↓前回の記事
アクアリウムを始めよう〜レイアウト - ハリネズミ&レオパと暮らす


本当は水質が安定するまで、このまま2週間ほどフィルターを空回しする予定でした。
ですが、生物のいない綺麗な状態ではそもそもバクテリアが少なく、空回しの意味はあまりないとのこと…。
ヒーターが要らないメダカを飼う予定でしたので、メダカの丈夫さを見ても、空回しはそんなに必要なさそうでした。

それなら、と通販でメダカを注文し、1週間後に届くよう手はずを整えました。

しかし、気になる水質…。
以前アクアを失敗したのは水質が原因であると思います。今回もそうなりたくない気持ちと、1週間後に投入する予定の子たちを一気に全滅させたくないという気持ちから、パイロットフィッシュなるものを投入してみることにしました。

パイロットフィッシュとは、丈夫な種類の魚を本命の前に水槽に入れ、水質のチェックをするための魚のことです。結構残酷ですが、犠牲を最小限に抑える重要な子たちです。
パイロットフィッシュとして投入されるのは主に、ネオンテトラやメダカです。

メダカを飼うのにパイロットフィッシュとしてメダカを入れるというのもよく分かりませんが、どちらにしても本命のメダカなのでその後も大事に育てていくことが出来るし一石二鳥です。

と言うことで、近所のペットショップで白メダカちゃんを連れて帰ってきました。

その場で、店員さんに「この子でいいですか?」と聞かれてチェックはしたのですが、家に帰ってよく見てみると凄く痩せていて小さく、背骨も曲がっていました。
でも、返したところでショップでは淘汰されてしまうだけだと思い、そのままうちの子にしました。

水合わせをして、袋の水ごと別の容器に移し、少しずつ水槽の水に慣らしていきます。

1時間ほどで水槽に移しました。

記念すべき第1号のメダカちゃんです。
早速、飼い主2号が「しらす」と名付けていました。

こんなヒョロヒョロですが、大きくなって欲しいです。

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村