レオパお迎え11日目〜脱皮不全

おはようございます。
レオパお迎え11日目(11/13)の記録です。

朝ごはんは、活きイエコオロギ5匹+冷凍5匹、デュビア3匹、レオパゲル1かけ。

今日も早めに要らない、ってなってこれで切り上げ。そしてやっぱり白い気がする。
うんちは2つ。1つはトイレ内、もう1つは石の裏にありました。どうしてなの…。

と思ったら、仕事のお昼休み中に飼い主2号から、「脱皮してる!」との連絡が!!やっぱり!!

マントみたいになってる…。疾走感がすごい。
初心者ながら、脱げ方がよろしくなさそう。大丈夫かな?
心配ではありましたが、ここで泣く泣く仕事に戻りました。

帰宅後見てみると、身体は綺麗に脱げていました。尻尾の先も指先も大丈夫そう。
ただ、鼻先からおでこにかけて残っていました。しかも中途半端に食べたみたいで口の中にも絡まっている様子。

2回目にして早くも脱皮不全で手伝う心の準備も出来てなくて、飼い主アタフタです。
4時間程かけてここまで脱皮したらしく、アルバはグッタリしているし、明日でも良いかと思ったのですが、口周りが気になるようで頻繁に舐めたり擦ったりしていて、目とか傷付けてしまうと大変なので今日やることにしました。初アシスト。

ぬるま湯を底の深いタッパーに用意し、シェルターごとアルバを入れる。(シェルターに篭ってたのでf^_^;)
何事と出てきたところでシェルターを退かし、濡らした綿棒でおでこから剥がしていく。全然剥がれない(´༎ຶོρ༎ຶོ`)となりながらもしつこくゴシゴシ。アルバが避けたり動くのですが、それでもしつこく。最終的に動かないよう顎を固定してやったら皮が浮いてきたので、すかさず指でつまんでベリッと。もう全然優しくやる余裕はなし。

で、とれたー!!!( ;∀;)

グッタリのアルバが心配でしたが、ケージに戻したら本人もとれた!って嬉しそうな顔をしていたので大丈夫そう。良かった良かった。

少しして、夜ごはんをあげてみたら、冷凍イエコオロギ3匹とデュビア10匹をペロリ。でもその後は爆睡していました。食い意地。笑

初アシストにしては難易度高めだったように感じますが無事終わって一安心です。
でも失敗したということは、飼育環境に問題があったということ。恐らく原因は湿度だと思います。ここ数日50%くらいになってしまっていました。ちょこちょこ霧吹きはしていましたが、一時的にしか上がらないし、今後対策をとらないといけませんね。
失敗から学ぶ機会を得られたので、今回のことはあって良かったのだと思います。アシストの経験もして、飼い主もレベルアップしました。

飼い方はネットで調べて勉強しました。でもそれだと偏った考え方になってしまうので複数のブログを読みました。
ただ、公式の飼育法については本など読んでなくて…。これはちゃんとせねばと買って来ました。

ヒョウモントカゲモドキと暮らす本」

やっぱり基本書をきちんと読むのは大事ですね。次は脱皮不全にさせないよう努めます。
にほんブログ村 その他ペットブログ レオパへ
にほんブログ村