本やネットには載っていないハリネズミの飼い方の実際

まだまだ新米ハリネズミ飼いですが、一度ここでハリネズミの飼育について書きたいと思います。
(あくまで私が思ったこと気付いたことです)

「僕から学んだことなんだってさ〜」


*購入編

・購入する場所はなるべく近い方が良い

私は家から新幹線を使って2時間以上かかるショップでツナ様を迎え、お迎えしてすぐに肺炎一歩手前の状態にさせてしまいました。季節は悪くなかったのですが、移動中は暖かいショップの環境とは違うし、ストレスにもなります。
よほどのことがない限り、移動時間のかからない近場か、車での移動をするべきだと思います。


・事前にフードを取り置きしてもらう

お店で食べているフードをお迎え後もあげましょう、と飼育書や先輩ハリネズミ飼いさんたちは言います。最初は慣れたものを用意して環境をあまり変えないことがベストです。しかし、いざ購入というときにお店に在庫がない!となったお話を聞いたことがあります。そのようなことがないよう、事前にフードを取り置きしてもらった方が安心です。私もそうしてもらったので、当日店員さんがすぐに用意してくれてスムーズに手続きが進みました。


・匂いのついたものをもらう

環境が変わると不安になるのは動物も一緒です。ショップで使っていた床材などを少しもらってキャリーに一緒に入れると良いです。
ツナ様のいたショップはペットシーツとのことで床材ではなく、ツナの使っていたテッシュの箱を切って作ったハウスをもらいました。おかげで移動中も大人しくハウスで寝てくれていました。帰宅後も1週間程はこのハウスを使いました。(ツナが大きくなり入れなくなったので撤去)


*お迎え〜1ヶ月

・意外とやっていないお迎え直後の体重チェック

あまり触らないように、と思ってスルーしがちですが、お迎え直後の体重チェックはした方が良いと思います。
帰宅後にキャリーからケージに移すタイミングで行うのが良いと思います。
ちなみに私もやってなくて後悔しました。


・ダニはいるものと思って、健康診断も兼ねて早めに病院へ

国内産でも外国産でもダニはいるものと思っておいた方が良いです。ツナもショップで駆虫薬をしてもらっていましたが、卵には効かないのでその生き残りがいて病院に通いました。
そして、お迎え〜2週間で亡くなるハリネズミが多いように思います(主に肺炎)。くしゃみをしていたら早めに病院へ連れて行った方が良いです。
また、特に問題のないハリちゃんでも、病院の視察として健康診断へ行くべきです。緊急時に診てもらえる病院がない!となったり、先生の対応が悪い、とならずに済みます。診れます、とホームページに書いてあっても、どれだけ診れるかは実際に行ってみないと分からないものです。


・回し車をしないのはやり方が分からないからかも

うちの子がそうでした。回さない、というか乗りさえしない。ここで飼い主が回し車に乗せるとなすがままに揺られているだけでした。これはやり方が分からないんじゃ?と思って、ごはんで釣って歩かせてみると、その夜からポテポテ歩くようになりました。でもものすごく下手で、よく転んでいました。笑
今では転んだりせず、夜中爆走しています。
臆病な性格のハリちゃんは近づくのすら怖いと思っているかもしれません。まずは乗ることから、そして回し方を教えてあげると回し車をしないというハリちゃんも回すようになるかもしれません。


・この時期の急激な体重増加は普通です

生後2〜3ヶ月のハリネズミの飼い主さんが「体重増えすぎ!?ダイエットさせなきゃいけないかな?」とコメントしているのをよく見ます。
成長期なので普通です。人間も成長期には1年で10cm20cm身長が伸びますよね?もちろんそれに伴って体重も増えます。小動物の年少期の1週間は人間で言えば1年くらい(もしくはそれ以上)の成長速度ですので心配ありません。


巻き込み事故

ハリネズミを飼い始めて初めて知ったことの1つです。ハリネズミ飼いさんなら誰でも経験した事があると思いますが、初心者は意外と知らない巻き込み事故ハリネズミがまるまるときに飼い主の指も一緒に巻き込んでしまうことを言います。ものすっごい痛いです…。
お腹側に指が来るだき方をするときは気をつけましょう。


・虫を食べない子もいる

食虫と言われるハリネズミですが、綱吉は虫は食べません。ドライミルワームもコオロギもわざわざ避けて食べて残します。なので、お迎えして1週間ほどであげるのをやめ、以降全くあげていません。生きている虫は寄生虫が気になるのであげたことはありませんし、今後もあげる予定はありません。栄養的にはフードのみで問題ないそうなので、特に気にしていません。
野菜や果物も全くあげていません。mazuriのフードが、食物繊維13%となっていてハリネズミの必要な基準に近いので不要だと考えています。果物は糖分も高いし下痢の原因にもなりますしね。代わりにおやつはミルクをあげています。


*1ヶ月〜

・フードのDIET

これもよく見かけるコメント。「〇〇 DIET 」という英語表記のハリネズミフードについて、ダイエット用のフードと認識されている方がおられるようです。英語の「DIET」は「食事」という意味で使われます。なのでこの場合は、「ハリネズミのごはん」という意味になります。現在、ダイエット用フードというのはないので、脂質の表記を見てフードを選んであげると良いと思います。


・女の子の病気がすごく多い

ハリネズミ飼いの先輩方のSNSを見ていて、異様に多い女の子の疾患。妊娠経験関係なさそうです。
逆に男の子に関してはコレというものはなさそう。見つかりにくいだけで、本当はあるのかもしれません。あるとしたら前立腺関係や尿路結石などでしょうか。
繁殖を考えていないのなら避妊するのも手なのだと思います。


・最終的な体重

本の通り、300〜500gくらいが標準のようです。200g台の子もいるようですが、体長に見合った体重なら、個体差だと思います。
上から見て、痩せすぎていないかチェックしましょう。
体重の増加が止まって、体型も問題ないなら、それがその子の適正体重と考えて、それを維持しているか体重管理をしてあげて下さい。


以上が、今の段階で綱吉から学んだり調べて思ったことです。
ハリネズミ飼いさんには常識のことかもしれませんが、ネットや本で勉強している初心者は意外と知らない分からないということがあります。なので、あまり本やネットに書いていないことを書いて見ました。もちろん賛否両論あると思うので、あくまで私の見解です。

ハリネズミのことを学んで、ハリネズミライフを楽しみましょう。

にほんブログ村 小動物ブログ ハリネズミへ
にほんブログ村